中学受験に向かって取り組めることを紹介しています

中学受験に向けて

教材

復習中心の勉強

知識を定着させるためには反復の勉強が必要です。覚えるまで何度も繰り返し知識を身につけましょう。

READ MORE
先生と生徒

中学受験に臨む親の心構え

受験は大きな目標です。親子で悩む事も多い中で、少しばかりの心得を頭の片隅に書き留めていてください。

READ MORE
勉学

夏休みまでの過ごし方

塾では夏期講習が行なわれる夏休みです。夏休みを迎えるまでの過ごし方も重要です。

READ MORE

子どもへの習慣を

女性と女の子

受験は体力が大事

受験には思っているよりも体力が必要です。学校で勉強して塾で勉強して帰宅して復習して、というように疲れとの戦いが必要です。

成績が体力で伸びる?

小学校6年生になって大きく成績が伸びる子どもに、体力があるという共通点が挙げられています。これはまだ基礎体力の少ない子どもは、集中力の持続が体力によるものとされているからです。

基礎体力作りが大事

中学受験はもちろんですが、何事にも基礎体力は必要になります。低学年の頃からプールやサッカーなどで基礎体力をつけることが大事とされています。

学習習慣をつける

本題へ戻りますが、学習に関しては毎日の学習の習慣づけが大切です。基礎学力も大事ですが、低学年の頃から宿題や復習などの家庭での勉強を苦痛に思わない学習習慣を身につけることが大事です。

読書を好きになる

小さいころからの読書週間が身についていることも基礎学力に影響を与えます。国語以外の教科にも読解力は必要です。難しい本を読む必要はありませんし、強要させる必要もありません。子どもが興味を持つ本を手に取って読むという習慣が大切です。

子どもの頃からの習慣が結びつく

勉強に関してもですが、子どもはすべて吸収する無限の可能性を持っています。しかし、強要されるものには興味を持てなくなります。子どもの興味と想像力に任せて、受験勉強に備えましょう。

親が子供を塾に通わせることを選んだ理由

基礎学力を身につけさせるために

学校ではそれぞれのペースに合わせてくれないため、一度躓くと点数が下がっていってしまいました。勉強の習慣をつけるためにも塾に通わせてみることに。すると、テストの結果が上がり自宅で勉強する機会が多くなったのです。

一緒に学習する友達がいる

家で勉強させるよりか良いと思い塾に通わせることを決めました。塾での勉強の話や友達との話など楽しそうに話してくれて、親子での会話が前よりも多くなりました。

苦手な部分を克服させるために

ついていけない教科の点数が落ちていき、それをきっかけに塾に通わせることにしました。苦手をすっかり克服し、家での勉強では予習や復習を余念なくやっています。

集中して勉強できないため

家庭で親子で勉強していてもなかなか集中力が続かないことが多かったので、思い切って塾に通うことを決めました。勉強の方法がうまく分かっていなかったようで、今では家でも進んで勉強しています。

受験対策のために

中学受験を受けるために塾に通わせることにしました。効率よい勉強方法で基礎をきちんと理解できるようになり、宿題のペースが早くなったなと身についているのを実感できます。

中学受験のQ&A

塾に通わせるのはいつからが良いのか

早い子どもでは低学年のころから学習塾に通っています。中学受験をお考えであれば、学習内容が難しくなりついていけなくなるような4年生や5年生から通うことをおすすめします。

塾を選ぶポイントは?

塾を選ぶポイントは子どもの学習タイプによりますが、塾の学習要項や自宅から近いかなどを考えて慎重に選びましょう。

受験勉強はいつから始めるべき?

受験勉強を始めることに早いことはありません。学習に躓くことが増えてきたなと感じる時が受験勉強に大事な、基礎を固めるチャンスになります。得意不得意が分かる時期を大切にしましょう。

塾のタイプはどう選べばよいか

塾は進学塾と総合塾、補習塾のタイプに分かれます。進学塾は主に受験対策を行ないます。総合塾は受験対策と学校のフォローを同時に行ないます。補習塾は学校の範囲に合わせた復習などのフォローです。子どもの学習と親の指導方針に合った学習塾を選びましょう。

塾っていくらくらいかかるの?

平均としては月2万円くらいが相場です。しかし、大手の塾や個別での指導になるほど料金が高くなりますが指導の質や進め方は良くなります。無理のない授業料の塾を選びましょう。